評判にみるED治療薬の効果

EDは男性の勃起機能の低下を意味しており、英語の「ErectileDysfunction」の略になります。日本語では勃起障害または勃起不全と訳されます。 EDはあくまでも勃起機能の低下であり、具体的には性交時に十分に勃起させることができない、また勃起できてもそれを維持できないといった状態を指しており、 満足な性交が行なえないことを意味します。もちろんまったく勃起しない状態もEDといえます。また勃起していても満足に性交が出来ない場合にはEDが疑われます。 そもそも男性が勃起をするまでのプロセスとしては性的刺激があり、さらに性的刺激が男性器に伝達され、血液が男性器に流入するという流れで行われます。 このさいに性的刺激に反応しない場合にはEDとはなりませんが、性的刺激を得ているにも関わらず、勃起しない場合にはEDとなります。性的刺激を受けても勃起が起らない理由としては、 性的刺激の伝達が阻害されていたり、男性器への血液の流入がお子ならないことが考えられますが、ED治療薬では血液の流入を促すことで男性器を勃起させる作用があります。 このため治療薬を服用しても性的興奮がなければ勃起することはありませんし、興奮を助長するといった作用もありません。 いずれにしても現在ではEDは病気として扱われED治療薬による治療も行なわれています。 ED治療薬は、専門のクリニックで処方されるのがもっとも安全な方法ですが、全額自己負担であるため治療費が高くそのため個人輸入やジェネリック医薬品を使うひとも多くいます。

ED治療薬でもっとも評判が高く利用実績の高いものがED治療薬の先駆けとなったバイアグラがあります。 バイアグラは、1990年代に販売されたもので、日本では1999年に認可され病院の泌尿器科や一般内科で処方されるようになり、 2000年代に入ると一部の美容外科や心療内科でも処方されるようになっています。 評判としては医薬品であるため効果は高く評価されていますが、デメリットとしては空腹時ほど効果があるため、食事の制限を受ける傾向にあります。 また正規に病院で処方してもらうとなると1錠あたり1500円と高額になります。また効果がでるまでの時間は30分程度を要し、効果持続時間も1時間から2時間と短めです。 また副作用として血圧の急激な低下があり、心臓への負担が大きいため狭心発作を起こす可能性があります。

一方でバイアグラについで評判が高いのがシリアスがあります。 シリアスの場合には効果が出るまでの時間が15分と短くかつ効果持続時間が36時間程度と非常に長い特徴があります。 また食事などによる影響がないため、バイアグラと異なり使い勝手が良いメリットがあります。なお、副作用に関してはバイアグラと同様で降圧作用から血圧が下がることが考えられます。 またED治療薬としてはバイアグラ、シリアスのほかレビトラがありますが、レトビラはバイアグラの欠点であった食事による影響を抑えたもので、 また効果が出るまでの時間は30分と同じですが、効果持続時間は5時間と長くなっています。

一方で、これら正規の治療薬はすでに発売から年数が過ぎており、その特許が切れており盛んに安価なジェネリック医薬品が販売されています。 バイアグラ系であればカマグラ、シラグラ、カベルタ、アスランスなどがあり、シリアス系ではフォーゼスト、タダシップ、タダリス、エキシラーなどがあります。 レトビラ系のジェネリック医薬品は数が少ないのが現状です。また一部の治療薬では錠剤ではなくジェル状で水などを使わずに飲めるように工夫されているものもあります。 いずれの場合も安価に購入することができますが日本国内では正規には処方されない薬であるため個人輸入や輸入代行業者を頼って購入することになりますが、偽薬も多いため注意が必要です。



くすりのしおりーバイアグラ
上野 バイアグラ処方が安い ユナイテッドクリニック上野院